2015年02月10日

良い子を産むこと

# 今回の話は、科学的ではありません。あくまで個人的な経験則に基づく憶測です。
# 不妊で悩まれている方、ご興味のある方は読んでみてください。

太宰治は「貿易だの政治だのがあるのは、女が良い子を産むためです」と言いました。
お蔭様でこのたび、妻が三人目の子供を妊娠しました。6月出産予定で、女の子だそうです。
三人目ともなると慣れたもので、名前もすぐに決めてしまいました。

念願の三人目で大変喜んでいるのですが、実はかつて不妊に悩んだ時期がありました。
東京に居たころ、結婚4年目に入っても子供ができず、
不妊治療のため学芸大学のクリニックに夫婦で行ってみました。

本当にゾッとしたのですが、最初のインストラクションで合同説明会に出たところ、
受付ホールがびっしりと患者さん夫婦で埋め尽くされていました。
それもアラフォーとかの微妙な年齢層ではなく、
むしろ30歳くらいの健康そうな美男美女が本当にたくさん。
もちろん自分達もその一部だったわけですけど、あの画は今でも忘れられません。

そこは結構イケイケな病院でした。
「奥さんの年齢から推定して、残りの排卵は●回しかありません。時間の経過でリスクが増大します。
薬剤注射、人工授精、体外受精という方法があります。いつから開始されるか現実的に検討をはじめてください。
チャンスを無駄にしないで。」
というノリでした。
自然妊娠するためのアドバイスが欲しかった我々には、明らかにニーズが違いました。

それでも基本的な検査は共通なので、夫婦で検査に何度か通いました。
半年くらい通ったのですが、妊娠には至らず、明確な原因も不明のまま。
生理がくるたびにカウントダウンが進んでいくようで、妻は毎月泣いていました。
精神的な負担が大きいので、一旦諦めて病院通いをやめました。
そして忘れかけた頃に念願かないました。
意外とこんなもんです。

それは自分が農業研修をはじめた時期でした。
林農園という、種とりで有名な有機農家です。
種をとるためには、おしべとめしべが健全に受粉されなければいけません。

ところが今や市販野菜の多くは、種が取れない(正確には、雄しべにDNA異常がある)品種です。
「そんな野菜ばっかり食べていたら、人間の雄しべにも異常が出やしないか」
と以前から危惧しているのが野口種苗研究所の野口さん。タイミング的にも、自分の心に突き刺さりました。

もちろんこの懸念は科学的には仮説の段階にも行ってない、憶測に近いものですが
そんなわけで、農家になった今も自分は、雄しべに異常の無い昔の種しか使わずに作付けをしています。
正常な種の野菜を食べ始めてから半年くらいで妊娠できた自分たちには、偶然に思えないです。

もちろん食生活だけが転機だったとも限りません。
研修では片道二時間半の通勤(?)と肉体労働が続き、体質が変わるほど運動量の多い時期でした。
ストレスの少ないアットホームな環境で癒されたのかもしれません。

また、当地では子供ができなくて困っている人など聞いたことがありませんので
食生活と関係なく、人口密度が低いと子供はできるのかもしれません。

去年の種市大学でも報告しましたが、分科会で話した山田君は子供4人、池松くんも3人目がそろそろです。
二人とも自然農の種とり農家。

まとまりませんが、悩んでる人が物凄く多いので、何かの糸口になれば幸いです。
posted by 宮本農業 at 01:42| Comment(0) | その他