2015年02月28日

新加坡

かねてからずっと来てみたかったシンガポールに来ています。
いまさら初めてのシンガポールで恥ずかしいです。
配送と消防をお休みさせて頂いてまで来た理由はいろいろあるのですが、
信頼しているエコノミストさん(実業でもある)が一度は見ておくようにと言っていたのがきっかけでした。

現地に来て見て実感しましたが、半日足らずで一回りできるような本当に小さな島を相手に
日本は年に1兆円も稼いでいるそうで、 日本食レストランに入っているお客さんを見ると
思わず有難うございますと言いたくなります。

親日国とは存じていましたが、スーパーでも高級店になるほど本当に日本製品の存在感が大きく、
どん兵衛とかスナック菓子とか、日本で150円くらいのものなら大体400円くらいで売られています。
高いのですが、流通マージンと輸送コストを考慮してみると、よく頑張った値段とも思います。

公用語は4つあるそうですが、街中で一番よく耳にするのは英語より中国語です。
大陸から逃亡してきた人とマネーの流入が継続しているのだろうと感じました。
顔を見ていると中国のなかでも広州とかの南方系の人が多い感じがします。

あとはお隣のマレー系、インド系、イスラムっぽい人たちもかなり目にしますが
渾然一体と調和していて、人種のるつぼが発展するの法則です。
日本でも移民政策が議論されていますが、労働力欲しさに引っ張ってくるのは
欧州みたいに差別と摩擦を生むだけで良くないでしょうね。
ただ農業の大規模な現場では、すでに相当中国人研修生に依存しているようですが。

中国本土の政治が後退している上に、香港への締め付けが強化されているので
シンがポールへのマネー流入は当面継続しそうです。

こんなとこでうちのにんじんジュースも売りたいなー。
スムージーは600円くらいでもよく売れているので、ありえそうなんですが、
やはりものの良し悪しよりも販路なんですよね。
誰か縁のある方を紹介してください!


posted by 宮本農業 at 22:49| Comment(0) | 日記