2015年09月05日

地方創生サミット@丸の内Kitte

先週、丸の内KITTEで開催された地方創生サミットという丸一日セミナーに参加してきました。
今年参加するイベントはすべて素晴らしいものばかりで驚いていますが
良い人のご縁に恵まれた結果なのでしょう。お声掛け頂いた皆様、本当にありがとうございます。

べつに最初から地方創生を目指してきた人間では全く無かったのですが、
「地域」の中で自分のビジネスを作るという意味で、やっぱり農業は関係が非常に深いですね。

セミナーのホストの1人、元ウォールストリート金融マンのぐっちーさん
ぐっちーさんを尊敬している理由はいくつかあるのですが、そのうちのひとつは
地方創生に対しきわめて積極的に協力されていることです。

サブプライム問題が重症化すること、中国の減速、米国の新たな成長期入り、
100円から120円の円安など、さまざまな経済的予測の的確さ・正確さがずば抜けています。
それらは本業であるファイナンスのお話なのですが、その一方でどうにも手のつけられない
日本の地方財政のために頑張っている方でもあります。そういう二面性が好きなんです。

数年前、岩手県の紫波町という超田舎(失礼!)に、オガール紫波という施設ができました。
この施設は図書館や町役場などが入っており、国や金融機関から投資や融資を受けていますが、
補助金を一銭も受け取らずに自力で黒字化して借金を返済し続けているという、超優秀なプロジェクトです。

五輪競技場はいわずもがな、いまや日本いたるところで新築される公共施設で黒字の計画などありますでしょうか?
誇張無く99%が赤字、そして稀有な黒字事例がこのオガールなのです。

・コスト軽減のため鉄筋コンクリートではなく木造
・それによりゼネコンではなく地元の林業が潤う
・参加している地元の人が出資者でもあるから必死で営業する
・日本では東京以外に存在しないバレーボール専用体育館を有する
・そのため全国のバレーボール合宿需要をほぼ独占できる
・東京五輪で世界のバレーボールチームの視察もきている
・施設の人気のために周辺の地価が2倍になった

うまくポイントをピックアップできませんが、ようするにこれは

「自力で稼げる仕組み」

を構築した数少ない成功事例です。
いまや地方創生に名を借りた、地元土建業とズブズブのどうしようもない公共事業が
おびただしい数で計画されています。
邪な目的で計画されたそれらの施設は、建築コストよりはるかに大きな累計の維持費によって
地方経済を蝕み続けることになります。

そんな地方の大荷物になる、足をひっぱるコストセンターではなく、
自力で稼いで自活できるうえに、利益を上げて税金を納められるくらいのものを作りましょうよ!
という考えのもと、4人の男達が立ち上がって実現したサクセスストーリー。
その事例とノウハウで日本を救おう!というのがこのサミットの狙いでした。

1日で受講料が28000円。
この時点で即時諦めかけたのですが、逆にこれは安いのかもしれないと思いなおし
7倍くらいの馬券を買うような感覚で申込みしました。
馬券を買ったことはありませんが。。

セミナーの内容は金融・医療・教育・起業、そしてもちろん農林水産業など多岐にわたりましたが、
いろんな講師陣がすべて期待以上で本当に驚きました。
ホストの一人であり、地方創生の今後のキーマンである木下斉さん33歳のトークイベント
「まちづくり怪談2」なるイベントが来週大塚で開催されるそうで、即時申し込みしました。

少しでもご興味のある方、是非どうぞ。これはどう転んでも驚愕と爆笑必須だと思います。
「まちづくり」で「怪談」で「ディナーショー」という一見脈絡無さ過ぎるキーワードたち。
すべて密接に関係しています。

サミットの3日後に東洋経済オンラインでUPされた記事は凄まじく読まれています。
実際に地方で仕事している身分から読むと痛快すぎる辛辣な指摘の数々。
こちらだけでも是非読んでみてください。
http://toyokeizai.net/articles/-/82553
posted by 宮本農業 at 01:37| Comment(0) | 日記

小糸在来の枝豆

いよいよ今年の枝豆シーズンが近づいてまいりました。順調に生育しております。
事前告知です。今年は真面目に本気でWebで通信販売します!

宮本農業の販売サイト
http://shop.seedsaving.jp/

◆販売予定期間
10月8日から10月25日ごろ

◆予定価格
480円/1袋(約250g入り)を2袋より。

◆送料
540円(関東甲信越。関西・東北は+108円。以遠は+216円など)

◆お届け日
期間中は原則毎日。ヤマト運輸の時間指定可。


枝豆については改めて告知させていただきます。どうぞお楽しみに!
posted by 宮本農業 at 00:32| Comment(0) | 小糸在来