2014年07月19日

個人情報流出

昨日、カード会社から電話がかかってきました。
どうやらカード情報が不正利用されたようで、決済される前にカード会社がストップしてくれたとのこと。
流出元はほぼわかっていて、2ちゃんねるビューアのプロキシサービスです。
流出がニュースになったのが約1年前で、暫く警戒していたのですが、やはり来てしまいました。

2ちゃんねる関係となると、こちらもカード番号入力する時点である程度のリスクを考えますから
まぁ自業自得なのですが、ベネッセの場合はショックが大きいですね。
うちは幼児向けの教材を一度買ったことがあるので、こっちでも流出してしまっていると思います。

捕まったのは39歳の派遣SE。
終身刑でも足りないんじゃないかと思うほど世の中に迷惑がかかっているので、
厳罰に処して欲しい一方で、背景を考えると同情してしまう気持ちもあります。

ベネッセほどの会社が、最重要データを派遣なんかに触らせられるようにしているのがそもそもの問題。
ベネッセとかグループ会社の正社員しか居なければ、こういう事件をもう少し抑止できたでしょう。

自分がIT業界に居たのはもう10年以上前ですが、
建築業界みたいに元請けから委託→委託→と丸投げされて、実際に手を動かすのは
最終委託先にどこかから送られた派遣社員だったりして、名刺交換しても訳がわからなくなります。

情報システム部門に人材を抱えられない中小企業ならともかく、
年間200億の利益のある、社会的責任のある大手企業ですから
アウトソーシングではなくて自社で人材を持つべきでしょう。

自分に近い39歳という年齢にも特別な印象を受けます。
就活当時は超のつく氷河期で、IT関係にしか雇用がなく、
全く経験のない文学部の女の子とかがSE採用されるケースをよく見ました。

そんな時代を経て39歳になってもまだ派遣のまま。
その人の手が必要だから派遣されているわけで、こういう人たちをちゃんと雇うことが必要だと思います。
根幹はコンプライアンスではなくて、雇用問題ではないでしょうか。
posted by 宮本農業 at 10:14| Comment(0) | 時事ねた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: