2015年04月11日

劇的な変化

きのうの日本農業新聞。

danmitsujpg.jpg


いまの気分にツボだったので、記事を拝借してきました。
檀蜜さんが特別好きなわけではないですよ。
いや、嫌いではありませんが。

「有機農業は安全とは限らない」
「昔からのものを守る大切さ」
などがやや上から目線で書かれています。
インタビューなのに対話形式にもなっていないし、、、
JAの社説を効果的に伝えるために檀蜜さんの写真をくっつけたような感じが。。。


「劇的な変化」がすごいです。
情報産業から始まって、製造業に影響したものが、
農業の生産現場でも起こり始めました。

畑の近くに広がる広大な稲作地帯では、8ha(=24000坪)もの田んぼを潰して
ガラスハウスを建設、水耕栽培のトマトを大量に生産することが決定したとのこと。
デルモンテ(kikkoman)が流通させ、生産は地元の農業法人との合弁。
しかも彼らはこの他にも、既に同じくらいの規模で同様の設備を市内に建築中です。

全く別の事例では、ヨーカドー系列で長野にやはり広大なガラスハウスを建設、
一日何トンという膨大な量のホウレンソウを集中的に生産するそうですよ。
ニンジンとかでも同様の事例を見ました。

これらの設備建設は国が積極的に補助金をつけて推進しています。
大口の業者さんが市場に買い付け等に行く時代はだいぶ前に過ぎていますが
いまや直接の契約栽培すらも通り越して、大量で安定した自前の生産設備を作り始めています。
それらがコンビニやスーパーの需要を支えます。

ピッタリと規格に合った材料が、機械で超高速に加工され、1グラム単位で正確に計量されて惣菜に。
どの工程も極限まで無駄を減らし、超効率的に回転していきます。
その恩恵を、消費者としての我々も受けています。

たとえF1で規格に合っていても、その加工設備と相性の悪いものを作っている中小農家は
相手にされなくなっていきます。
加工品としての流通が増える分、市場での需要が減り、値段が安くなります

決して愚痴を言いたいのではなくて、この小規模の農家という大変な仕事を、
徐々にやらなくて良くなってきてるのだと感じています。凄いことですね。

私は、もともと安い野菜の単価では、大規模化や法人化をしても金額が合わないと
高をくくっていたのですが、超大規模化プラス国の援助という形で数字が合うように
なってきているようです。

カロリーベースの自給率が低いのは、肉や乳製品などの畜産向け飼料の自給率が低いからです。
コメは余剰米が大問題ですし、野菜もすでに大量生産しすぎて余りまくっています。
野菜のカロリーは非常に低いので、もともと自給率への寄与は小さいのです。
というわけで要はお肉とかバターの問題。

そうすると余ったコメでお肉が生産できると一番良いので、飼料米への移行や、
稲を牧草として流通させるとか、いろんな制度が進行中。

コメとして収穫せずに、稲を大きな円柱状にまるめて、北海道の牧草地で転がっているような
ホールクロップにするのを推進。
考え方は非常に美しいのですが、数字の話をしますと10aあたり、
飼料としての売上は2万円にしかなりませんが補助金が7万円とかそういう世界です。
強引ですが自給率は上がりますね。

こういう現象は農業全体で発生しています。
国は農産物の市場価格を維持しようとはあまり思ってなくて
代わりに補助金で農家を直接食わせようという政策です。
農家=「雇用関係のない公務員」。

ではなぜ「担い手不足」と言われるのか。
これは農地の維持管理をやる人が居ないという意味であって、
食糧生産をもっと増やしてくれとは言っていないんですね。
要するに草刈りです。

現場で高齢化が進行しているのは間違いありませんし、
食糧安保上、不足して高騰するのを最も避けたいので、
生産力がだぶつき気味のままを維持したいでしょう。
世の中的には、食糧が安いに越したことはないのです。


…ということで激しく進化する世の中を実感している最近でした。
多様性が失われがちなのは問題ですが、ならばそういう新しい施設で
効率的に在来種・固定種を作るようになるとか、
遺伝子汚染のリスクに対しては、
法律で雄性不稔の種の使用を禁止するとか、いろんな対応がありえます。

「今あるものを守る」のも大事ですが、
守る手段は進化したほうが良いことが多いでしょうね。


◆ 4月14日 追記 ◆
コメント欄にて「ブリーダー」様より育種と雄性不稔についての貴重なご説明を頂いています。
ご興味のある方、難しいですが目を通してみてください。
posted by 宮本農業 at 03:22| Comment(5) | 日記
この記事へのコメント
いつもブログ拝見させております。
私は種苗メーカーで野菜の育種をしている者です。

私は固定種・在来種とF1を大きく区別する必要はないと思っています。
どちらにも一長一短がありますし、私自身も固定種・在来種が好きで
色々栽培してみたりしています。ちなみに‘小糸在来’や‘ごせき晩生’の大ファンです。

F1を育成するのにも、まずは自分の好みにあった固定種を2品種育成するところから始まります。
その固定種同士を掛け合わせたものがF1となります。いわばF1も固定種が基本となります。
この固定種作りは、昔の農家さんや育種家の大先輩が行ったものと大して変わらない地道な
作業です。しかし良い固定種作りがしっかりできないと、良いF1品種ができません。

育種材料にしても、他社F1品種や手持ちの育成系統、固定種や在来種など多種多様なものを
使用します。F1になって品種の画一化などと言われておりますが、F1品種それぞれに
異なった様々な固定種・在来種の血・歴史が脈々と受け継がれているのが現状です。

良い固定種や在来種がなくなってしまうと、種苗メーカー・ブリーダーにとってはもちろん、
その作物を栽培する農家、その作物を食べる人類、全ての大きな損害となります。
宮本農業様のように、固定種・在来種を育てたり、採種・維持なさっている方はとても貴重で
重要な存在だと認識しております。


ただひとつ気になるところがありまして、コメントを書かせていただきました。
ご存知の通り、『雄性不稔』は一部の作物では実際にF1で利用しております。
しかしながらこの雄性不稔(細胞質)は、大昔、各作物に自然発生的に発生したもので、
それを見つけた人間が勝手に利用しているだけです。(一部他の作物から人為的に入れた作物も
あるようですが。)

ではなぜ植物は雄性不稔を生み出し、それが自然界で脈々と現代まで淘汰されずに残って
いるのでしょうか?
それは、雄性不稔であることが、その植物にとって都合が良かったからだと思います。
動物も人間も、純系に近づき血が濃くなると、弱くなったりします。血統書付きの犬より
雑種やミックス(F1)の犬の方が元気で丈夫で長生きなことが多いのと一緒です。
植物も同様です。植物の多くが、自分の花粉でタネを付けるより、他の個体の花粉でタネを
付けることで、血が濃くなることを防いでいます。自家不和合性などもこの仕組みの一つです。
雄性不稔はその仕組みの究極型というべきではないでしょうか。

しかし植物も100%が雄性不稔になってしまえば、花粉が付かずに絶滅してしまいます。
そのため、今度は雄性不稔であっても花粉が出るようになる仕組み(稔性回復遺伝子)を
発達させました。これによって、その集団の、ある個体は花粉が出ないもの、ある個体は
ノーマルな個体、そしてある個体は雄性不稔でありながら花粉が出る稔性回復個体という
雑多な集団となります。そんな絶妙なバランスで脈々と命をうまい具合に繋いできました。
自然というものは、人が考えているよりはるかに複雑で絶妙で巧妙なものなのでしょう。

そんな具合で、野生種や固定種、在来種の中にも雄性不稔細胞質を持つものがあります。
もしくは雄性不稔細胞質を持っているにも関わらず、稔性回復遺伝子で、見かけ上ノーマルに
なっているものがあります。野生種、在来種や固定種を育種材料にする時になって、その事に初めて気づくこともあります。

また雄性不稔細胞質はたくさんの種類があり、完全に花粉が出ないもの、ある条件になると
花粉が出るようになるもの、おしべが退化してしまうものなど様々です。
その他未知のものもかなりあると考えられています。しかも今後も新たなタイプが自然発生して
行くことでしょう。もちろんそれに対応する稔性回復遺伝子の種類も。

現在、細胞質のDNA調査で捕らえられるのはほんの極一部の雄性不稔細胞質のみです。
もし雄性不稔細胞質を規制しようとしてもDNA、遺伝子、細胞質、生命の仕組みが100%解明
されるようになるまではまず不可能ではないでしょうか。

植物と動物は大昔から付き合って来ました。植物は病気になったり、虫に食われたりした時に
それに対処するために毒素を出すこともありますし、動物はそれに対して解毒をするなどして
対処して、様々な面で共に進化してきました。
近年、人間が微々たる力で植物をいじったとしても(もちろん交配しての育種)、
その大きな流れに抵抗することはできないのではないかと思っております。

以上、長々とすみません。参考まで。
Posted by ブリーダー at 2015年04月12日 02:30
ブリーダーさま

一番お話を聞きたい方に詳細なご説明を頂いて有難うございます。嬉しいです。

雄性不稔についてはその割合が一番気になっておりました。
ごく稀にしか出てこないものを、そんなに増やして、食べて大丈夫かと、
素人目線とは心得つつも、どうしても不安になります。

アブラナ科で人為的に近親交配を続けると雄性不稔の個体がたくさん出るようになるという
話を聞いて、これは遠い遺伝子を欲する本能なのだろうと勝手に考えていました。
ブリーダー様のご説明と符号しまして、大きく間違ってなかったのだと少し安心しながら
読ませて頂いておりました。

しかしもしそうだとすると自分のやっている小規模な種とりというのは、本能に背いた行為に
なります。これこそが雄性不稔を増やしてしまう行為ではないかと。

お話をお聞きしたなかでも、
・「稔性回復」しているが潜在的に持っている個体の割合はどれくらいあるのか
・「ノーマル」「雄性不稔」「稔性回復」それぞれを食べるリスクは全く無いのか
・そもそも雄性不稔は全く人体や動物に影響しないと考えられるか

など、次々疑問が出てきてしまいます。
最近は体系的に勉強していないことの限界を自ら感じておりまして、
つい最近、とある教授にご相談したばかりでした。

昔ながらの品種の個性を伝えたいいっぽう、
こうした割と断片的な知識が急速に広まりつつあります。

F1という言葉が独り歩きして「とにかくかけあわせはNG」
と考える方も意外と現れはじめ、ちょっと危険だなと感じているところでもあります。


「手持ちの育成系統」とさらりと書かれておりますが、これを維持するだけでも
種苗会社の方々には相当なエネルギーとご負担だと思います。
これからも優秀な遺伝子資源の維持発展にご尽力されることを期待しております。

ご講演や育種場の開放など、何か勉強させて頂けそうな機会がございましたら
教えてやって頂けると幸いです。
ありがとうございました。
Posted by 宮本農業 at 2015年04月12日 14:34
いえいえ、こちらこそありがとうございます。


「雄性不稔についてはその割合が一番気になっておりました。
ごく稀にしか出てこないものを、そんなに増やして、食べて大丈夫かと、
素人目線とは心得つつも、どうしても不安になります。」
「お話をお聞きしたなかでも、
・「稔性回復」しているが潜在的に持っている個体の割合はどれくらいあるのか
・「ノーマル」「雄性不稔」「稔性回復」それぞれを食べるリスクは全く無いのか
・そもそも雄性不稔は全く人体や動物に影響しないと考えられるか」


雄性不稔も大きく分けると、@細胞質雄性不稔(CMS)とA核遺伝子雄性不稔(GMS)が
あります。細胞質雄性不稔は、細胞の中にあるエネルギーを生み出す器官である
ミトコンドリアの中に不稔の原因遺伝子があります。
核遺伝子雄性不稔は、細胞内の核の中に不稔の原因遺伝子があります。

種苗メーカーが採種に利用している雄性不稔は、ほぼ細胞質雄性不稔だと思われます。
細胞質は母系遺伝しますので、交配した♂が何であれ、子供は♀と同じ細胞質を100%持ちます。
そのため、細胞質雄性不稔の♀から得られたものは全てが細胞質雄性不稔となります
(稔性回復遺伝子を持たない前提で)。

前回のコメントに書いた通り、細胞質雄性不稔にもいくつかの種類が知られております。
現在、アブラナ科の採種に利用しているのは、野生のダイコンで見つかった『オグラ型細胞質』で
あると思います。『オグラ型細胞質』の雄性不稔は最も安定していて、使いやすいようです。
他の細胞質雄性不稔では、気温条件などが変わると、花粉が出るように
なってしまったり、花が奇形になって採種が難しくなるなどが起こることがあるようです。

ちなみに海岸などに多く自生する野生ダイコンの「ハマダイコン」でもこの『オグラ型細胞質』は
かなりの割合で存在しているようです。すみません、具体的な数字は覚えておりません。
また似たようなタイプの細胞質雄性不稔に「コセナ型細胞質」というものもあります。
こちらは在来種の「小瀬菜ダイコン」で見つけられた細胞質雄性不稔です。

ノーマルな細胞質から新たな雄性不稔細胞質が発生するのはなかなかレアなケースかも
しれません。しかしながら、自然界や在来種の中には雄性不稔の細胞質を持つものは
少なくないのではないかと思います。
自然界の雄性不稔株の割合についてもわかりません。稔性回復遺伝子もあって
割合を調べるのはかなり難しいと思います。


食べて安全かどうかに関しては、生命の仕組みが100%解明されていないので100%安全であるとは
言い切れません。しかしながらDNAの実験などをしていると、日常の中にDNAを分解する酵素が
結構存在しており、その酵素でDNAが分解されてしまうことがあります。唾液の中にもその酵素は
存在しています。
食べ物として摂取した生物のDNAが分解されずに吸収され、それがそのまま体の細胞に入って
影響を及ぼすというのは、極めて考えにくいのではないかと思います。

近年の医療で、遺伝子治療というものが注目されています。ある特定の遺伝子が原因であると
判明した場合、その原因遺伝子を正常な遺伝子に置き換えるという治療方法です。
しかしながら人間は60兆個の細胞でできていると言われており、それらの細胞の遺伝子を
書き換える必要があります(専門家ではないので、どれほどの数の細胞を治療すればよいのかは
わかりません)。そのために目的の遺伝子を組み込んだ無毒化ウイルスを感染させ、
目的の遺伝子を全身の細胞に入れ込む作業が必要となります。

ウイルスは自分のDNAを感染した細胞に組み込み、ウイルスのコピーを作らせて
増殖します。その仕組みをうまく利用しているようです。

このように「どうやったら細胞に目的の遺伝子を入れるか」が重要な課題となっているようです。
もし口からDNAを大量に摂取させて、目的のDNAを細胞に組み込む仕組みがあれば、
もっと遺伝子治療も劇的に効率化されるのではないでしょうか。



「アブラナ科で人為的に近親交配を続けると雄性不稔の個体がたくさん出るようになるという
話を聞いて、これは遠い遺伝子を欲する本能なのだろうと勝手に考えていました。
ブリーダー様のご説明と符号しまして、大きく間違ってなかったのだと少し安心しながら
読ませて頂いておりました。
しかしもしそうだとすると自分のやっている小規模な種とりというのは、本能に背いた行為に
なります。これこそが雄性不稔を増やしてしまう行為ではないかと。」


『アブラナ科で近親交配を続けていると、雄性不稔の個体がたくさん出る』という現象は
現在まで経験したことはありません。毎年1000株ほどの交配(近親交配)を行っております。
またほぼ100%遺伝子が固定した状態まで近親交配を進めています。
他社のブリーダーとも育種の話をすることがありますが、そのような現象に関して
聞いたことは全くありませんでした。

意図的に育成している細胞質雄性不稔の株以外で、花粉が出なくなるものは
年に1株出るかどうかです。
その1株もただ単に「貧弱になりすぎて花粉が出ない」という類のものです。

もし世代が進んで雄性不稔が増えることが起きるとすれば、
@その集団の細胞質が元々雄性不稔細胞質、かつ、稔性回復遺伝子があって最初は可稔で
あったように見えたものが、世代が進んで稔性回復遺伝子を持たない株が分離されて来た。
A血が濃くなって株が貧弱になってしまって、花粉が出なくなってしまった。
のどちらかが原因ではないかと思います。

他殖性作物で、小規模採種を行っていると、年々作物が弱弱しくなる可能性があります。
これは血が濃くなりすぎているためです。生きるため・生殖のための活力がない
状況なのではないかと思います。
このようなものには、血が遠いものを交配してみると、
次の世代ではまた活力が戻り、花粉が出るようになるはずです。
これがまさしくF1品種の仕組みです(雑種強勢)。


固定種を採種するために、自分の気に入った株だけを残すと
どうしても似たようなものばかりになってしまって、血が濃くなりすぎるようです
(マメ類などの自殖性作物や、自殖弱勢の起きない作物は除く)。
気に入った系統だけでなく、毛色の違う株を少し混ぜて採種すると
比較的弱化を抑えることができるようです。



「F1という言葉が独り歩きして「とにかくかけあわせはNG」
と考える方も意外と現れはじめ、ちょっと危険だなと感じているところでもあります。」

そうですね。上にも書きましたが、他殖性作物で掛け合わせをしないで近親交配を進めていると、
作物によっては活力がなくなってタネがあまりとれなくなってしまったり(雄性不稔とは
違います)、せっかくの品種の良さが失われてしまったりすると思います。
もし掛け合わせをしないで他殖性作物の品種・系統を維持するのであれば、挿し木などの
クローンを用いなければなりません。


現存する品種・固定種・在来種(の祖先)は少なからず(意図的・偶然を問わず)掛け合わ
されて出来ているはずです。また固定種・在来種も、選抜して採種する人が変わったり、
気候が変わったりすれば、少なからず顔が変わると思います。それがある面では良さになると
思います。
品種も言語と同じで、時代・時の流れに応じて少しずつ変化していくものだと思います。
変化しないものは既に死んでしまったもの(誰も使わなくなってしまったもの)です。

前回のコメントにも書きましたが、F1も固定種・在来種も一長一短あり、
栽培する方、消費する方の好みの問題だと思います。ご自身の好みに合ったものを選んで
栽培していただくものかと思います。

余談ですが、ご自身の好みにあった固定種・F1などを掛け合わせてから選び始め、
新たな固定種を作ってみても良いのではないでしょうか。それが良い品種であれば、
数十年〜100年後くらいには「在来種」と呼ばれるようになっている可能性もあります。
育種ばかりに没頭して、没落してしまった篤農家さんも昔結構いらっしゃったという
話も聞いていますので、くれぐれもほどほどに。



「「手持ちの育成系統」とさらりと書かれておりますが、これを維持するだけでも
種苗会社の方々には相当なエネルギーとご負担だと思います。
これからも優秀な遺伝子資源の維持発展にご尽力されることを期待しております。
ご講演や育種場の開放など、何か勉強させて頂けそうな機会がございましたら
教えてやって頂けると幸いです。
ありがとうございました。」

いえいえ、こちらこそ固定種・在来種を維持・栽培されている方には頭が下がります。
講演に関しましては、どうしても品種の説明や栽培のポイントのようなものに
なってしまうかと思います。農場の開放に関しては、選抜・採種現場に関しては、
育種の心臓部ですので、残念ながら企業秘密なところも多いかと思います。

農場展示会などでは個々の生産者・タネ屋・農協・試験場の方とブリーダーが直接、話を
する機会もあると思いますので、そのようなところにご参加されてはいかがでしょうか?

弊社からもそのような展示会があればご案内状を差し上げたいと思います。


長々とすみません。
Posted by ブリーダー at 2015年04月13日 01:37
すみません、質問に回答して欲しいというつもりではなかったのですが
さらに詳細にありがとうございます。知りたかったところのイメージができてきました。
細胞質雄性不稔は野生のダイコンに多いんですね。

> 食べ物として摂取した生物のDNAが分解されずに吸収され、それがそのまま体の細胞に入って
> 影響を及ぼすというのは、極めて考えにくいのではないかと思います。

はい、自分もほとんど分解されてしまうんだろうと思っていましたし
仮に身体に吸収されたからといってそれが全身にうつるのも想像しにくいのですが
BSEでは経口感染がいまも有力視されているということで、それと同列に考えて良いのか
わかりませんが、どうしても引っかかるところです。

> そのために目的の遺伝子を組み込んだ無毒化ウイルスを感染させ、
> 目的の遺伝子を全身の細胞に入れ込む作業が必要となります。

なるほど、ウイルスなどを媒介すれば、一部の遺伝子の書き換えが起こりえるんですね。
良い遺伝子に書き換わればいいですが、逆もありえそうで非常に気になります。
細胞質のDNAも同様なのかわかりませんが。。

遺伝子組み換えの話で出てくるアグロバクテリウムというのを思い出しました。
ウイルスとバクテリアでは次元が違うのでしょうが。。。

このへんはもう完全に医療とバイオの領域ですね。


> 『アブラナ科で近親交配を続けていると、雄性不稔の個体がたくさん出る』という現象は
> 現在まで経験したことはありません。

某大学で、これを研究している実験室があるというのを噂で聞きました。
潜在的な不稔性が顕在化しやすくなるだけなのか、
新たに不稔性のある遺伝子が開発できてしまうのか、突っ込んたところまでは聞いていませんが
少なくとも育種での活用が目的の研究なので、細胞質雄性不稔を扱うものでないと
あまり意味がなさそうな気がします。


> そうですね。上にも書きましたが、他殖性作物で掛け合わせをしないで近親交配を
> 進めていると、作物によっては活力がなくなってタネがあまりとれなくなってしまったり

なるほど、そうしますとたとえタネ屋さんといえども、
もともとの母本というかDNAのバラエティに限りがある以上、
変わらずにずーっと同じ品種を維持することは非常に難しいということですね。
(マメなどを除いて)

これまで「変わらない」「懐かしい」を重く見ていた自分の価値観において
だいぶ景色が違って見える気がします。

品種の歴史を調べると、意外と浅いものが多いですもんね。
サトイモとかなら室町時代から、とかありますが。
のらぼう菜は自家和合性だから長く続いてるんでしょうね。
そう考えると平家ダイコンって凄いな。。


> 農場展示会などでは個々の生産者・タネ屋・農協・試験場の方とブリーダーが直接、話を
> する機会もあると思いますので、そのようなところにご参加されてはいかがでしょうか?

先日はじめてMK種苗さんの展示会でお話を聞いていて面白かったです。
ブログ本文は、そのセミナーでお聞きしたネタをいくつか含んでいます。
ブリーダーさんのような立場の方と知り合っていろいろお聞きしてみたいのですが
今のみたいにご商売に直結しない質問ばかりになってしまうので、気が引けます。


改めまして、本当に勉強になりました。
在来種を扱う仲間たちや、興味のある消費者さんにもできるだけ伝えてみます。
いつかお目にかかってご挨拶できることを願っております。
ありがとうございます。
Posted by 宮本農業 at 2015年04月14日 05:02
久々に宮本さんのブログを拝見したらこのコメントのやりとり。
相当勉強になりました。ありがとうございました。

俺もずーっと種苗会社の育種担当の方にお話を伺いたいと思っていました。
なんせ、その道のプロですからね。
今から収穫に行きますが、頭の中で整理したいと思います。
また感想を送ります。
Posted by 池松 at 2015年04月17日 05:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: