2017年07月03日

種まきを前に

SNSですっかりブログの存在を忘れてしまいますが、たまに落ち着いて書きたくなる日があります。
毎年そうなのですが種まき前には独特の高揚感があります。
きっと田植え前の稲作農家もこんな感じなのでしょうね。

都議選では与党大敗だそうです。
地方から見ていると、熱狂なき大勝といいますか、現知事への期待が高そうには思えないのですが、
みんな豊洲にも五輪にももうお腹いっぱい、
でも当初の保育園への即時対応だけは、ズバリニーズに合っていました。
組織票はやっぱり公明党。
トドメに自民の驕りでの自滅。
こんなところでしょうか。
こんな空気感も、1年経たない間にみなさんケロリと忘れているはずですが、
改憲ムードも一気に消沈した気がします。

農業のこと、まして地方に居ますと政治と行政が本当に身近です。
地域と未来を自分たちで作ったり、選び取らねばならない責任みたいなのを勝手に感じています。
地域でのいろんな摩擦の中で、地方創生に尽力されている方々のお話はとても心に響くのですが
完全無欠の『こうあるべき論』だけでは、実際には変わっていかないので悩みます。

有機農業はほぼ完全にやめてしまいました。
これからオーガニックの時代だと何十年も言われていますが、まだ来ていない感じです。
成功している有機農業家さんはいますが、慣行栽培と同じかそれ以上の効率化や販売努力をされています。
無農薬が付加価値になっている感じが全くしないです。
でもオーガニックな作り方が美味しいのは間違いない。慣行栽培農家も誰しも認めます。
そして美味しければ売れる・儲かるというわけでもない。
うまいものもいくらでもあります。競争です。

地域でのいろんなおつとめを経まして、お陰様で今年はだいぶ仕事がしやすい環境ができました。
仕事上の人間関係のストレスがこれほど無いのははじめてです。有難いです。
単なるこだわりとも量産とも違う、自分なりの品質とスタイルを作っていきたいです。
posted by 宮本農業 at 03:30| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: