2013年11月18日

大豆の刈り取り

■今日の作業
・大豆(小糸在来)の刈取り・片付け
・草刈り



例年12月に入ってからの大豆の刈取りを、今年は早めに行いました。
枝豆が枯れてきて、葉っぱが落ちて、乾燥してカラカラになって大豆になるわけですが
これを早めにやると、まだちょっと色が青かったり、枝豆っぽいままだったりします。
使ってない畑で立てておいて、もう少し乾燥が進んだら脱穀。

マメ類は育てるのは比較的簡単なのですが、刈取り後の処理がものすごく大変です。
乾燥→脱穀→ゴミ取り→機械選別→手選別。
とくに選別は機械が使えないと大変なことになります。
かといって、機械選別だけでは不完全なので、結局手でもやるのですが。

選別無しでよければ、3割ぐらい安くなるんじゃないかな。。
でも、虫食いのマメが入ってるのは嫌でしょう?


早く刈り取った理由は、場所を空けたかったからです。
先月末に連結ポットで育てた葉物類の定植場所が欲しくて。

10月末から雨ばかりだったので、畑にトラクターが全く入れず、やむをえずポット育苗しました。
小松菜とかチンゲンサイとか、葉物の育苗は初の試み。
品種は早生丸葉小松菜・城南小松菜・タアツァイ・三池高菜・のらぼう菜・豊葉ほうれんそう・
日本ほうれんそうなど。
1月25-26日の種市での収穫・販売を想定しています。
posted by 宮本農業 at 01:09| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: