2015年07月05日

観光と農業

7月に入りました。今年も早や後半戦。
気まぐれな更新にもお読みいただき、いつもありがとうございます。
アクセスは以前から全然多くないのですが、想像つかないような意外な方、
一度お会いしたいなあと思っていた方なんかが逆に読んで下さっていたり
お野菜のご注文を頂いたり、とても嬉しく思います。ありがとうございます。

ここ数日の土砂降りや嵐で畑のほうはだいぶダメージを受けておりますが
対処しがたいものには逆に諦めがつくといいますか、まあしょうがないですね。


さて最近の円安で外国人観光客が増えたと話題です。
一時の900万人から1300万人に急増したと騒いでいますが、
これでも世界の国で26位だそうです。

年2回、定期的に聞きに行っているぐっちーさんのセミナーでは、
900万人だったころから「これは少なすぎる」と指摘をされておりまして、
世界一位のフランスでは8000万人以上、タイやロシアなんかでも2000万人以上のお客様がいる中、
これほど観光資源に恵まれた日本がこの数字というのは怠慢だし、もったいないと。

市場が飽和してきて、世界中で低成長時代に入ってきています。
そのなかで観光業というのは製造業と違って陳腐化しにくいし、日本の場合は独自性が強く差別化しやすい。
なんと言っても治安の良さが強みです。
観光産業は老人でも若者でも比較的就業しやすく、さほど特殊技能も必要ない(ただし語学力が重要)。
今日読んだ記事によれば先進国平均でGDPの9%は観光で稼ぎ出しているなか、日本はわずか2%と。
一大産業に育つ余力が充分あることになります。


私が畑をお借りしている君津市の上湯江という地域でも、単なる農産販売ではなく、
収穫体験というコンテンツ型の農業に舵を切ろうとしています。
農業がコメや野菜の製造業である限り、生産性の急激な向上が価格の下落に直結します。
単価安を量産でカバーしようとする農家が驚くほど多いので、更なる価格の下落を招く悪循環。

上湯江は良い畑地帯なのですが、生産性で勝負するには面積が小さすぎる(約30ha)ため
立地を活かして観光のほうに進むのは良い選択だと思います。
すでにイチゴ摘み取りで成功している農家さんや、小糸在来オーナー制の成功実績もあります。

2010年ごろ行ったときのオーナー制の様子(妹の一家)
CIMG4812.JPG

将来的には外国人観光客も是非来て欲しいので、いまさら語学を勉強中。
英語がとにかく苦手だったので、子供と一緒にベネッセのworld wide kidsという教材で
一からお勉強しています。アラフォーからの英語(笑)
10年も英語の勉強したはずだったのに、何やってたんでしょうね。
子供には絶対に同じ思いをさせたくありませんので、親子で必死で見ています。

Podcastで無料のヒアリング素材もごろごろありますし、
iTune Uだとスタンフォードの授業とかも無料で見れますよ。本当にすごい時代ですね。

遠すぎる目標の前に、まずは今年の小糸在来、その前に明日の消防訓練。
今年は特に梅雨明けが待ち遠しいです。
posted by 宮本農業 at 00:11| Comment(0) | 日記

2015年06月22日

日々

零細農家のホームページをどこかから見つけて来て下さる方に感謝します。
いつもありがとうございます。

2015061409050000-2.jpg

皆様のお蔭様で5月末に第三子となる娘が無事に生まれました。
最初の子と比べるとお産自体は慣れたもので安産!でしたが、上に二人おりますのでてんやわんやの日々。
コーヒー道具なんぞ記事にしていたエレガントな前回とはもう完全な別世界です。
炊事洗濯風呂送迎といつもの畑仕事。カミさんの普段の苦労の片鱗がわかります。
子供も私もイライラすることも正直多いですが、でも何と言ってもかわいいですね。

いろんな問題はありつつ、子供を何の不安もなく産ませてもらえる日本というのは本当に有り難い。
正直、自家採種したニンジンのタネが発芽するかどうかのほうが不確実性が大きい。
それくらい安心して産める国は、本当に有り難いです。

* * * *

今日は小糸在来愛好クラブの役員会でした。
周りは平均70歳くらいの大先輩ばかり。
最近この70歳という年齢が、本当に手ごわいなと思うのです。
無駄が無い。
日本人は何でこんなに優秀なんだろうと感心するのが60-70歳です。

今年から、小糸在来枝豆のオーナー制度の受け入れ農家に混ぜていただくことになりました。
オーナー制度についてはこちらをご参照ください。
1区画3000円で、枝豆の収穫権を購入していただくことができます。
1区画から約100本の枝豆が収穫でき、おそらく10kgでは済みません。食べきれない量が収穫できます。

私もこのオーナー制度で君津に来たのが最初でした。
そしてこんなところで農業ができたらいいなあと妻と話していましたので、
逆にこのたび受け入れ農家になれるのは感無量です。

私は以前東京の中目黒に住んでいました。
今でも副業の関係でしばしば目黒区に出向きますが、
子育てのことを考えると君津はとても良いところだなと思います。

是非一度、騙されたと思って君津の枝豆オーナーさんになってみませんか。
10月に枝豆が食べきれないほど獲れます。
その味、食べきれない量の幸せ、お子さんの反応。
そういうところに君津で暮らす魅力が詰まっている気がするんです。
かといって本当のド田舎に隠居するわけでもなく、東京の飲み会にも気軽に行ける距離感が心地良いです。
日本の将来に大きな不安はあるけど、やっぱり海外移住までは、やりたいけどどうしても難しい。
日本と東京を諦めずに、子供のために移住したい。
教育もそれなりにあります。
移住を考えている方、フェアな視点でご相談に乗ります!ので是非ご連絡下さい
真剣にご相談に応じます。
一緒に住みよいところを作っていきましょう。それしかない!

今回はただの君津の宣伝になってしまいましたが
ご連絡お待ちしています。
posted by 宮本農業 at 22:21| Comment(0) | 日記

2015年05月21日

我が家のコーヒー道具たち

今日は予想外に朝から雷雨。
作業ができないので、事務作業がはかどります。

昨日またひとつ歳をとりました。
自分へのプレゼントを言い訳に、コーヒーグラインダーを買ってしまいました。
豆を挽く機械です。

coffeeset.jpg

我ながらわざとらしく並べてますね、、、真ん中の黒い機械がグラインダー。
右隣のシルバーのが直火式の原始的な(?)エスプレッソメーカーです。

・焙煎済みの豆を買ってきて、
・グラインダーで挽き、
・エスプレッソメーカーで抽出し、
・ドレッシング用の器に溜めておきます。

「最初からエスプレッソマシンを買っておけば一台で済んだのに」と妻。
むかし衝動的に直火式のメーカーだけを買ってしまったのでこういう結果になりました。
でも、自分で工程をひとつひとつ楽しむのも良いものですよ。

豆は先日、ブルーボトルコーヒーに行ったときに豆を買ってみました。
さすがになかなか美味しいです。

でも10年ちかく前から大好きなのはマキネスティコーヒー
やや不便な場所にあるのですが、東京に行ったときはちょっと無理しても寄ってしまいます。
今回のグラインダーも、マキネスティで相談して買いました。

本物のコーヒーを語れるほどの知識も経験もありませんが
好きな味と香りを追っかけてるのは楽しいです。
書いてて思いましたが、そういう意味ではやってることが農業も同じかもしれません(笑)
応接もほぼ完成しましたので、お近くの方はラテを飲みにお越し下さい。

posted by 宮本農業 at 06:46| Comment(0) | 日記