2016年09月18日

さやがつきました

IMG_20160915_152559.jpg

今朝の小糸在来です。いよいよ枝豆の形になってきました。
天気は雨ばかりですが、ここにきて全体的に育ちがグッと良くなってきた感じがします。

昨年もこの時期は雨ばかりで、頻繁に土砂降りに遭いました。
あまりにも連日降りまくるので「今年はもうダメかもわからん」と思っていましたが、
湿害らしい湿害も出ず立派に実をつけてくれました。
基本的には、大豆のなかでは比較的湿った環境を好む品種なのかもしれません。
今年で8シーズン目になりますが、まだまだ毎年新しい発見があります。

10月10日頃から本格的に出荷開始予定です。
昨年はネット通販でも本当にたくさんのお買い上げ有り難うございました。
今年も間もなくです。どうぞお楽しみに!
posted by 宮本農業 at 02:19| Comment(0) | 小糸在来

2016年09月01日

夏が終わる

今朝の小糸在来の畑です。

image.jpeg

8月が終わると、夏が終わったような気がしますね。
豪雨や台風や病害虫にもめげず、ここまで大きくなってくれました。
次から次へといろんな障害が現れて本当に厳しかった今期。
このまますんなり収穫まで行けそうな感じが全くしません(笑)
また台風か何か、新たなアクシデントが発生するのでしょう。

これからはもう「例年通り」ではダメなんでしょうね。
農業はとにかく先手必勝のことが多いです。
次に何が起こりそうか必死で予測して、先回りして対応できるようにしていきたいです。

枝豆を楽しみにして下さっている皆様、あともう少しお待ちください。

それからひとつお知らせです。
来週9月8日(木)の午後に千葉県市原市で千葉の食をテーマにしたトークイベントがあります。
私も小糸在来のことをお話させて頂けることになりました。
詳細はこちらに改めて掲載いたしますので、お近くの方は是非お越しください!
名産品の販売も予定されています。
よろしくお願いします!
posted by 宮本農業 at 00:31| Comment(0) | 日記

2016年07月25日

発芽

DSC_0162.JPG

発芽の様子です。
今年は雨と晴れが適度に入れ替わり、種まきのチャンスがたくさんあって好条件でした。

ただ14日の土砂降りでは土が流されてしまい、あちこち欠株が出てしまいました。
手で補植すると何時間もかかるうえ、仕上がりもきたなくなってしまいます。
せっかく播いたのにもったいないですが、悩んだ末トラクターでうない直して再度播種しました。
精神衛生上、やっぱりやり直して良かったです(下の写真)。

DSC_0163.JPG

発芽後は鳥やウサギなど、いろんな動物が豆モヤシ状の小糸在来を狙ってきますので
今年は「ブラックイーグル」なるタカを模したかかしや、ギラギラ反射するプロペラを設置。
見た目と音で威嚇しています。いまのところ割と効果があるような。
まぁこれも慣れてこられると終わりなんですけどね。

DSC_0158.JPG

双葉の栄養を使いきり、本葉だけになる頃には食害の心配はなくなるのですが
まだまだ美味しそうなこの豆モヤシ時期は、毎朝見に行くのが怖いです。

小糸在来(R)の種まきはまだ3-4反残っていますが、明日はにんじんの播種。
もう冬向けの作付けが始まります。
posted by 宮本農業 at 00:20| Comment(0) | 小糸在来